すぐ押せて使える便利なシャチハタ

シャチハタイメージ

本当に恥ずかしい話しですが、私は30歳にして、ようやく印鑑の種類を知りました。
といっても、自分で調べた訳でなく友人が印鑑を購入した話しを聞いたから分かっただけですが…。
個人用の印鑑は何となく分かっていましたよ。
ただ自信が無かっただけです。

私は、印鑑のことをはんこと呼んでいます。
普通、はんこと言いますよね。
はんこと言うと子供っぽい気がしますが、私ははんこの響きが好きです。
私は実印を持っていません。銀行印と認印は持っています。
珍しい印鑑になるかわかりませんが、訂正印も持っていますよ。
今は、訂正印のシャチハタもあるので、印鑑の訂正印の出番はありませんが、大事に取っています。
認印だとシャチハタも2本持っていますね。
私の場合、結構シャチハタを使います。
すぐ押せて使えるのがいいですよね。

今年30歳になって、本当に大人になりました。年齢だけですが…。
この先、どういう未来があるのかわかりませんが、思い切って友人と同じく実印を作ってみようかと考えていました。
友人が、最近良いことがあると言っていたので、私もあやかろうと思いまして…。
どの印鑑を選ぶかは、ある意味縁ですよね。結婚も縁です。縁繋がりです。
この余裕も年々、無くなってくるのかもしれません。
そうならない為にも、今年は実印を作ると決めたのですから、自信を持っていきたいと思います。
友人に先を越されないように頑張ります!

印鑑は開運アップの効果もあるらしいですよね。
印鑑の王様的存在の実印購入で、長い春が来ることを願います。
いろいろ印鑑の事を勉強して、自分にあった印鑑を探して幸せになりたいです。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

業界では群を抜く高品質な印鑑をご提供!
最短即日出荷対応!確かな技術でハイクオリティな商品をお約束いたします
最高級の印鑑を安心価格で

ページの先頭へ